創業二十年の老舗ソープランド

By | 2014年6月5日

移り変わりの早い風俗業界において
20年も続けている老舗のソープランド店がある。
それが雄琴で人気のソープを営むアマンクロスだ。
もともと風俗業界というのはグレーな部分が多く
風営法もどんどん新しいものに改定されている。
それに伴い締めつけも当然厳しくなっている。
そんな中で長く同じ店を続けられるというのは
コンプライアンスの面でも徹底しており
流行なども積極的に取り入れて世の中の動きに
敏感に対応していかなければならない。
風俗といば稼げる業種と思われているが
この不景気では風俗業界も続けていくことが難しく
そのギャップに新たに出店しては
こんなはずではなかったと潰れるお店も後を絶たない。
驚くかもしれないがこの業界において
しっかりと地に足をつけて営業しているお店は
数える程しか存在しない。
どんな業種でも歴史を尊重をしながら
変えてはならいものと変えなければならないものを
バランス感覚と嗅覚で見極めその時代に合わせた
進化と変化で素早く対応し続けなければならない。
風俗であれなんの職業であれ長く続いているには
然るべきそれなりの理由がちゃんと存在するのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です