滋賀の風俗でお気に入りの女性を指名

By | 2016年5月1日

何度も通いたいと思える風俗嬢に滋賀で出会った。
プレイの前には必ず両手をついて三つ指を立ててお辞儀する。
店がやらせているわけではなく自分が率先して行っているという。
それは客を心からもてなそうという心の表れなのだ。
彼女にいたってはルックスはもちろん好みだがなんといっても接客が素晴らしい。
客がいま何を求めているかを敏感に感じ取れる女性はそうそういない。
けれど彼女は相手の一歩先までを考えてすぐに行動する。
滋賀の風俗はソープランドや箱型ヘルスが中心で
どこの店も講習が厳しいと有名であるが、
いくら時間をかけて技術を教えることができても
細かな心配りまでは教えることができない。
滋賀風俗べっぴんハイスクールDXで働くこの女性がこうも思いやりの気持ちに溢れるのは、
おそらく教わって覚えたものではなくて、
生まれや環境の中で自分で感じながら自然と覚えたものなのだろう。
だからわざとらしさなどまるでなく、何をしても自然に振舞うことができるのである。
そして店側は、講習などで教えることができないからこそ
面接でそのようなおもてなしの心の素質を持った女性を見抜く目が求められるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です