雄琴ソープの活気を取り戻せ!

By | 2016年8月8日

「雄琴」って聞いたことある人は多いと思います。
アラフォー世代が思いつくことはソープランド、
アラサー世代は温泉??よく知らないけど・・・
なんて答えが返ってきます。
しかも雄琴って何県にあるかご存知ですか?
大阪府だと思ってる方の多いと思ってる方も多いと思いますが、
実は滋賀県です!
滋賀県は琵琶湖のイメージで風俗店のイメージがないですよね?
しかし、私達アラフィフ世代は滋賀雄琴といえば接待・社員旅行・バカンス・・・
そんな楽しくてエッチなイメージしかありません。
ごく小さなエリアにお店がなんと最大50店舗ありました。
しかし現在は30店舗ほどに減少です。
バブル崩壊・条例の改正などソープランドにとってプラスに働くことはありません。
時代の変化とともにお店も変化の迎えます。
大きな変化といえば低価格化です。
ひと昔前のソープは高級・風俗の頂点でした。
今も変わりありませんが、敷居が高いの気軽に遊びに行きにくいです。
そこで、もっと気軽にお遊びができるソープとして入浴時間を短縮やサービス内容の変更などして料金を下げるということを実施してます。
庶民の私達にはとてもありがたいことで、たまには自分のご褒美にっと遊びに行きます。
全てのお店でそのようなことを行っているわけではなく、料金そのままの高級店もあります。
やはり、サービスや女性の接客はワンランク・ツーランク上です。
高級ソープ店が存在することによって、雄琴お価値を高めているともいえるでしょう。
低価格ソープ店と高級ソープ店が共存することで、客がお店を選びやすくなったともいえます。
低価格店にはホテヘル・デリヘル感覚の遊び方があり、気軽にいける感覚が好きな方も大勢います。
でもたまには高級店で最高のおもてなしを体験したいと思うこともあるでしょう。
そんな時は高級ソープ店に行けばよいのです。
同じ地域でお店の幅が広がることによって選択肢がふえることは客にとって最高の環境です。
これを読んでちょっとでも興味がでた方は、まず雄琴に行ってみて下さい!
わくわくするような雰囲気とネオンに導かれましょう!
そうすればご自身にあったお店を見つかるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です