風俗で働く女性の金銭感覚

By | 2014年2月14日

風俗業界は学齢に関係なく女性であれば
誰でも働くことができる職業だ。
特殊な仕事でわずかな時間で驚くほどの
金額を手にすることができる。
但し世の中はそんなに甘くはなく
当然ながら働くにはそれなりのリスクが必要だ。
風俗はサービス業であり女性自体が
商品となって客に性的サービスを提供する。
自分が好む好まずに関わらず
始めての相手や嫌な相手に対しても
笑顔を振りまいて献身的に
全身リップ、フェラ、手コキ、69など
あらゆる性的サービスをしなければならない。
最近では性的なテクニックだけでなく
色恋といういわゆる色恋沙汰も演じなければ
この不景気の中では客を取ることもできない。
それらの行為に心を押し殺してまでも
金のために受け入れなければならないのだ。
ところで風俗嬢の稼ぎをご存知だろうか?
店と嬢との取り分は6:4もしくは
5:5であることが一般的だ。
かりに取り分が5:5の半分で店の価格帯が
中級店の60分14,000円ほどであれば
時給は7,000円で一日三人の客を相手にすれば
21,000円の給料となる。
また高級店であれば60分30,000円で計算すると
時給は15,000円×客三人で45,000円となる。
単純に1ヶ月でOL半年分くらいの稼ぎとなる。
このように風俗嬢に慣れて大金を手にすれば
一般の仕事で働くのがバカらしくなってしまうため
風俗が辞めれないのも頷ける。
けれど心は擦り切れ精神的に鬱になる子も多い。
お金を取るか、心を取るか。
風俗とは大切なものは何かを
深く考えさせられてしまう職業である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です